読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『第14回ハロプロ楽曲大賞'15』投票曲

楽曲大賞 ハロプロ

第14回ハロプロ楽曲大賞'15
http://www.esrp2.jp/hpma/2015/

投票曲をYouTube再生リストにまとめています。
『第14回ハロプロ楽曲大賞'15』投票曲 - YouTube再生リスト
www.youtube.com


楽曲部門:各2点・順不同

・アンジュルム『大器晩成』(YouTube

作詞:中島卓偉 作曲:中島卓偉 編曲:鈴木俊介

歌が良い、曲が良い、詞が良い、アレンジや音が良い、ダンスが良い、メンバーが良い、タイミングが良いetc…、それらを全部引っくるめて「たった1曲で何かが劇的に変わる瞬間のカタルシス」を味わえる曲にはそうそう出会えない。
それが確かに味わえたこの曲は間違いなく2015年のハロプロを代表する1曲。

 

・Juice=Juice『愛・愛・傘』(YouTube

作詞:中島卓偉 作曲:中島卓偉 編曲:大久保薫

かつてつんく♂が「この10年で「こいつ(良い曲を作ってて)ちょっと悔しいな」と思った作曲家は3人もいないけど、その1人」と評した中島卓偉のメロディメイカーとしてのセンスが発揮された楽曲。
ストレートなロックンロールだけでなくこういったメロウなメロディも作れるのは本当に心強い。
サンキュー卓偉。
参考動画:中島卓偉ustream 『スマイレージの話とつんく♂登場』

 

・Juice=Juice『生まれたてのBaby Love』(YouTube

作詞:星部ショウ 作曲:masaaki asada 編曲:松井寛

アレンジャーの松井寛氏がハロプロで実際に手掛けている曲数はそれほど多くない(Wikipediaによればこの曲を入れて7曲)が、「ハロプロ・ファンク」を語るときに外せない存在になっているのは関わった曲がどれも「さいこーなやつ」だからだろうけど、今回もやっぱり「さいこーなやつ」だった。
「無駄な音が1つもなく、必要な音は全部揃ってる」と感じさせる松井寛アレンジはさすがの一言。
間奏のメンバー考案日替わり振り付けも楽しい。

 

・こぶしファクトリー『ドスコイ! ケンキョにダイタン』(YouTube

作詞:星部ショウ 作曲:星部ショウ 編曲:菊谷知樹

仰々しい櫓太鼓からゴリゴリなジャングル・ビートのギターリフ、そして「ドスコイ!」
もうこの時点で勝ったも同然(何に?)
作詞も作曲もこなす上に、そのタイプも硬軟自在な覆面作家・星部ショウの正体が明かされる日は来るのか?

 

ハロプロ研修生『テーブル席空いててもカウンター席』(YouTube

作詞:つんく 作曲:つんく 編曲:平田祥一郎

つんく楽曲の評価は自分の中で本当に難しいものになっていて、それは曲がどうとか詞がどうとかって話の前に、10数年間、千曲をゆうに超えるつんく曲を聴いてきたことで、もうどんな曲がきても「体に馴染む」から正直良い曲なのかどうなのかよく分からない。
厳密にいえば分からないじゃなく初めて聴いたときに「もうひとつやなぁ…」となってもCDを聴いて、MVを観て、ライブに行き、ライブ映像を観て、と繰り返しすうちに「めっちゃええ曲やわ…」となったことがこれまで何度もあり、自分の感覚なんて信用してないというのがあるから。
ただ今年のエントリー曲の中で1口目が1番美味しかったのがこの曲。
「ワンちゃんならお尻尾グルグルだよ」でお茶碗3杯いける。


MV部門:各2点・順不同

・カントリー・ガールズ『愛おしくってごめんね』

作詞:児玉雨子 作曲:加藤裕介 編曲:加藤裕介A-bee

青春の一瞬の煌めき。

 

・カントリー・ガールズ『恋泥棒』

作詞:児玉雨子 作曲:村カワ基成 編曲:高橋諭一

2:09に山木さんはいったい何を見てしまったのか。

 

・カントリー・ガールズ『わかっているのにごめんね』

作詞:児玉雨子 作曲:加藤裕介 編曲:加藤裕介

立場が人を作る。
メガネロックの瞳がきらり。


推しメン部門:未選択


今年はHello&Good-byeな1年だったなーと思いつつ、よく考えたらこれまでもずっとそうだった。
来年も再来年も、5年後も10年後もずっとそうなんだろう。
それがHello!Projectだ。
これからもよろしくお願い致します。